HOME 窓をかえると暮らしがかわる
エコガラスでかえます
 
エコガラス
 
夏涼しく・冬暖かい住まいに!一年中快適にかわります。
特殊金属膜と乾燥中空層で熱をブロックするエコガラス
エコガラスは遮熱(熱をはねかえすこと)と断熱(熱が伝わりにくくすること)で熱をブロックします。窓ガラスからの熱の出入りを防ぎ、室内を快適に保つとともに、暖冷房の効率をアップし、暖冷房によって発生するCO2排出量を削減するガラスです。 一見、普通の複層ガラスと同じようにみえますが、大きな違いはガラスの内側に特殊な金属膜があることです。このガラスの内側にコーディングされた特殊金属膜(Low-E膜)は、紫外線と赤外線という見えない光をブロックし、遮熱効果を発揮します。また、二層構造で乾燥中空層という空気層が断熱効果を発揮します。これにより 複層ガラスの断熱性能(冬場の室内の保温)がより高まり、また、複層ガラスにはない遮熱性能(夏場の太陽熱の遮断)を実現します。だからエコガラスは、1年を通して環境保護に役立ち、快適な暮らしを支え、光熱費の節約にも貢献できるのです。
※Low-EとはLow-Emissivity=低放射を意味します
夏は遮熱性能・冬は断熱性能-外光はとおし、夏は太陽の日射熱、冬は外の冷たい空気をシャットアウト
エコガラスを使った住宅は、夏は暑くなりにくく、冬は冷えにくくなるので、暖冷房の効率がアップします。
つまり、少ないエネルギーで効率よく、快適に暮らすことができるのです。

夏のエコガラス・冬のエコガラス
 

お悩み解消!窓の結露対策になります。
すぐれた断熱性能からうまれた効果です

結露
 
結露の原因は冷たくなった窓に室内の水蒸気が触れること。結露を防止するには、外の寒さで窓ガラスが冷えるのをを防ぐことが大切です。窓そのものが冷えにくい構造で普通の複層ガラスと比べてさらに高い断熱性能があるエコガラスなら、外気の冷たさがより伝わりにくく、結露の発生をもとから断つことができます。カビ由来のアレルギーや湿度による建物の傷みも解消です。エコガラスには結露の防止に高い効果を発揮します。
 

家計にやさしい!冷暖房費ダウンします。
エコガラスにかえるだけでかわります

暖冷房削減額
 
少ないエネルギーで快適な暮らしを実現するエコガラスは、冷暖房費節約に貢献できます。一般的な戸建住宅の場合、通常の一枚ガラスからエコガラスに取り替えると、地域や条件により冷暖房費が年間最高9万円以上の節約にもなる試算結果もあります。またできることとして、エアコンの設定温度を冬は低め(20℃)
夏は高め(28℃)、カーテン・ブラインドをおろす、夏にはよしず・すだれを使うのも大切です。

エコガラスシミュレータで効果を簡単に計測できます!

エコガラスシュミレーター

 

地球にやさしい!CO2排出削減に貢献します。
できることから考えてみませんか

ブナの木25本分の削減
 
窓全部にエコガラスをつかった家は、冷暖房費削減によりブナの木25本の植林と同じだけのCO
2を削減します。日本中の家がエコガラスにしたら、年間で1,700万トンもCO2を削減することができます(板硝子協会の試算によります)。1,700万トンは2003年に全国の家庭から排出されたCO2の約10%に相当します。京都議定書で削減が義務付けられた温室効果ガス削減量の2割以上達成できます。

※算出根拠
板硝子協会発行の「住宅窓の断熱化による省エネルギー効果-Low-E複層ガラスによるCO2排出量削減-(SMASHによるシミュレーション計算結果)平成15年3月」に基づき、東京の戸建住宅(床面積84.5m2)一戸あたりのCO2排出削減量を265.55kgと計算しています。これを、ぶなの木1本が1年間に吸収するCO2量11kg(独立行政法人 森林総合研究所 試算)で割り、算出しています。


暮らしをかえる窓のリフォーム

エコガラスでかえます