RECRUIT社員・事業所紹介

山田 貴大

西日本営業本部 特約店営業部 主任
外国語学部卒

2014年入社

Interview 02.

西日本営業本部 特約店営業部 主任

特約店やゼネコンなど、ビル、商業施設、住宅などの建築に関わっているお客様への営業を担当。
入社4年目に主任に。

まだまだ学ばなければいけないことがたくさんある
物件もそれぞれ違う
どれだけ経験を積んでもきっとゴールはない
だからこそ、やりがいを感じられる

CGS入社の経緯

大学は外国語学部を卒業。現在入社4年目で、特約店やゼネコンのお客様への営業職を担当しています。2018年4月に主任になりました。建築関連の業種に就職したいと考えて就職活動をするなかで、ガラスを販売する当社に出会いました。

私がCGSを選んだ理由

私がCGSを選んだ理由

大学入学と同時に兵庫県の加古川から大阪に出てきて、都会のビル群に圧倒されたのが原点ですね。その頃から、「大きな建築物に関わる仕事に就きたい」と考えるようになりました。
たとえば、全面ガラス張りのビルなど私の地元にはありませんでしたから、とにかく「すごいな」と憧れるようになって。そのような近代的なビルに使われている大きなガラスにも興味があり、仕事として関わることにも可能性を感じていたんです。

私がCGSを選んだ理由02

ガラス関連の会社の中でも当社を選んだのは、一つは商品力ですね。セントラル硝子というガラス業界大手の商品を扱っているということは大きな魅力でした。
さらに、昭和32年創立という伝統がある会社であること、全国規模の会社であることも、当社を選んだ理由です。お客様からの信頼を得やすく、営業職として働きやすい環境だと感じました。

お客様からの要望や課題はさまざま いかにお客様のニーズにダイレクトに応える商品を提案できるか営業として力をそそぐ

お客様からの要望や課題はさまざま いかにお客様のニーズにダイレクトに応える商品を提案できるか営業として力をそそぐ
ガラス販売営業という仕事

ガラス販売営業という仕事

まずは特約店やゼネコンなど、ビル、商業施設、住宅などの建築に関わっているお客様から、どんなガラスが必要なのか、ニーズを伺います。例えば、「室内が暑いから涼しくしたい」「周囲の音がうるさいので遮音したい」など、本当にさまざまな要望があり、それに対して、お客様の課題を解決できる商品を提案します。
その後は打ち合わせを重ね、商品の種類や仕様が固まったら、セントラル硝子に注文して、必要なサイズや仕様に加工されたガラスを納品します。納品後にアクシデントでガラスが壊れることなどもあるので、アフターフォローもしっかりと行っています。

お客様のニーズも多様化してきているので、いかにお客様のニーズにダイレクトに応える商品を提案できるかが、営業として力を注いでいるポイントですね。

仕事で感じるやりがいと魅力

仕事で感じるやりがいと魅力

以前、全社的に大阪市内の私立大学の新校舎建設プロジェクトに取り組んだ際、私も関わる機会がありました。2017年4月に完成し、メディアでも大々的に取り上げられたのですが、このような大きな仕事に関係できたことにやりがいを感じましたね。
そのほか、官公庁の庁舎や大規模商業ビルなど、自分が携わった建築物がメディアで注目されると、そのつどすごく嬉しいです(笑)

また、ガラスという商品は、倉庫に保管しているときと、実際に建築物にはめ込んだときとはまったく見え方が違います。大きいガラスなど、実際にビルの一部になると、そのスケールを実感できるんです。改めて「すごいな」と感じることがよくありますね。

「どこまで大きなガラスを作ることができるのか」 個人的にはワクワクするポイントなんです

「どこまで大きなガラスを作ることができるのか」 個人的にはワクワクするポイントなんです

実際に、お客様から、「大きな一枚板のガラスを使いたい」という要望をいただくこともありますが、強度の問題もあるので、単に大きくすればいいというものでもありません。ただ、安易に「できません」と妥協はしたくないので、案件ごとに、社内でも相談しながら、できるだけお客様の要望に応えられるよう検討を重ねます。

私自身まだまだ学ばなければいけないことがたくさんありますし、物件もそれぞれ違うので、どれだけ経験を積んでもきっとゴールはないですね。だからこそ、やりがいを感じられるんです。

CGSはこんな会社

CGSはこんな会社

社内は本当に良い意味で壁がなくて、私のような若手が、父親くらいの世代の部長や課長にも気軽に話しかけることができる和気藹々とした雰囲気です。わからないことがあれば変な遠慮をすることなく質問できますし、いつも気さくに教えていただいていますね。
 
仕事終わりに飲みに連れて行ってもらうことも多いですよ。毎回楽しいですね。最近、世の中では「会社の飲み会には参加したくない」という若者が多いそうですが、その気持ちはちょっとわからないですね(笑)。

私のこれからの挑戦

今はまだ勉強を始めてはいないのですが、これから取得を目指したいのはガラス施工技能士という資格です。私たちの仕事に非常に関連の深い資格で、施工に関する技術的な知識を身につけることは営業として確実にプラスになりますし、当社には工事を担当する部門もあるので、先々は仕事の幅も広がると考えています。

私のこれからの挑戦

※記事内容および社員の所属は取材時のものです。(2018年10月取材)

応募する