社長挨拶

代表取締役 設楽 正義

セントラル硝子販売株式会社は、日本の板ガラスメーカーの一つであるセントラル硝子株式会社の、建築用板ガラス関連商品を扱う販売会社として、2015年4月に設立されました。

セントラル硝子販売株式会社としての歴史は浅くなりますが、長年に渡って全国各地で建築用板ガラスに携わってきた会社を統合してできた会社であり、地域に密着した営業活動を通じ、お客様に様々な商品やサービスをご提供させていただいております。

現在の市場環境は急速に変化しており、お客様のニーズも多様化しております。このような環境下において、経営資源の有効活用と、技術・ノウハウの融合による新規ビジネスの創出を通じて、我々が成長することが必要不可欠であると考え、全国規模でグループ会社を統合いたしました。

「ガラス」には、光を取り入れ、雨風を防ぐといった元来の機能だけでなく、断熱、省エネ、防犯、安全など様々な機能があり、私たちの生活をより安全で快適に、そして豊かにしてくれる商品であります。このような機能があることを多くの方に知っていただき、実感していただくため、これまで以上にお客様との対話を通じたお付き合いを大切にし、技術力・サービス力・提案力の向上を目指して努力いたします。

我々は「ガラス」という商品の販売、施工を通じて、セントラル硝子グループの企業として、社員一丸となり、真に豊かな社会の実現に貢献してまいります。

代表取締役 設楽 正義

セントラル硝子グループ企業理念

基本理念

”ものづくりで築く より良い未来”

セントラル硝子グループは、
ものづくりを通じて、
真に豊かな社会の実現に貢献します。

※ものづくり… 誠実を基本姿勢とした、研究開発、製造、販売等の当社グループにおける企業活動全般

基本方針

  • 独創的な技術により新たな価値を創造します。
  • 環境との調和を心掛け、社会との共生に努めます。
  • グローバルでの成長を原動力として企業価値の増大を図ります。
  • 開拓精神と多様性を尊重し、活力溢れる企業を目指します。